傷を隠す

排水管の設置中

リフォーム業者など、プロに依頼した場合の水廻りコーティングの料金は、コーティングする範囲が広いほど高くなります。比較的安価なのがトイレや洗面台のコーティングで、平均的な料金は2〜3万円ほどです。しかしシステムキッチンやバスルームの場合、トイレや洗面台と比べると2倍以上の範囲があります。そのため平均的な料金も、約2倍の4〜6万円ほどとなっています。ただし水廻りコーティングは、1箇所ではなく複数の箇所でおこなってもらうことで、割引料金になる場合が多いです。たとえば洗面台とバスルームのコーティングをセットでおこなってもらうと、トータルで5万円程度で済んだりするのです。全ての水廻りコーティングをしてもらった場合は割引率が高くなり、料金のトータルは10万円ほどとなります。

そもそも水廻りコーティングとは、水廻りのマイクロホールを埋めることで汚れの付着を防ぐことです。マイクロホールとは、目視できないほど小さな傷のことです。この傷に汚れた水が付着することで、そこからカビが生えたり水垢が蓄積したりするのです。しかしマイクロホールが埋められてツルツルとした表面になれば、汚れは付着しにくくなります。そして塗膜が残っている限り、この効果は持続します。マイクロホールを上から埋めるのですから、水廻りコーティングはまずはマイクロホール内の洗浄からおこなわれます。既に生えているカビや蓄積している水垢を徹底的に除去し、マイクロホールをクリアな状態にしてから、コーティング剤を塗るのです。そのため水廻りコーティング後は、洗浄とコーティング剤とのダブルの効果で、水廻りは非常に美しい状態になります。